一つと向き合う。

こんにちは。


寒い日が続きますねー。風邪ひいちゃいました連絡、増えてきました。

体調管理、大事ですよー。


わたしは、相変わらず元気です。


今日は、「1つと向き合う」というタイトルでいきます。


え、1つって何や??ってなりますよね。


例えばね、1音とか、1曲、1フレーズ、、、、ボイトレの中で向き合うべき

1つのことって結構あるんですよね。

このありとあらゆる1つのことと、向き合って深める。

これが練習だとわたしは思うんです。


じゃあ、向き合うってどういうこと??という疑問が次はわいてきますよね。

ここが練習のポイントなんです。レベルアップポイントなんです。


例えば1音の場合。

1つの音に対して、チェックすべきところはたくさんあります。

響きや、発音、ピッチ、、、まず1音を丁寧に発声できないといくら1曲通して歌っても雑になります。

どこに響かすか、母音子音の発音は癖無くできているか、高さは正確か、などチェック(録音して客観的に)しながら

練習します。


これをやるだけでも結構時間がかかります。


でもこの1音のこだわり練習って、すごく効果的で通して歌った時の安定感がかわります。

聴いているほうも安心する響きが身に付きます。


めんどくさい練習こそ、力になるのです。




聴き込むとか、歌い込むってできていない人が最近多いと思うんです。


もう一歩、音楽の聴き方、深めてみてください。♫


また続きかきます!では!