ただしい発声ってなんだ??

こんにちは。

気温がぐっと下がってきましたね。秋も深まってきました。

 

みなさん、いかがお過ごしですか??

わたしは、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋であります。楽しんでいます。

 

今日は題名にもあるように、「ただしい発声」について、わたしなりの

解釈でお話しようと思います。

 

ただしい発声ってなんだと思います??数あるボイトレ本にも「ただしい発声」というような

ワードはかなりでてくるんですが・・・結構ざっくりした表現ですよね。

 

先にわたし的な結論を言っちゃうと、わたしの目指すただしい発声っていうのは、

自分がイメージした声を、自分の声の個性を生かしてイメージのまま出せることだと思うんです。

なおかつ、本人が楽に気持ちよくだせると更にいい。

 

わたしはこれに重点を置いて、いろんな方向からレッスンするようにしています。

ボイストレーニングだけじゃなく、呼吸やストレッチ、曲の紹介なども大事にしています。

 

生徒さんが出したい声を、その人の声、体に合わせて導いていけたらと思っています。

 

ボイストレーニングだけじゃなく、呼吸やストレッチも大事にしています。

 

アーティストや、自分の講師のマネをしすぎて、本来持っているその人の声の個性が生かせていない人を見かけることも少なくありません。

もったいないですよね。しかも、見本にとらわれて、みんなが同じような声になるのって、どうなん??って思うんです~。

 

まずは、自分の持っている声をよく聴いて、知って、好きになることから、はじめましょう。 

そしたら、自分の声に合った歌がわかってきて、それがまた意外だったりして楽しいんです。

幅が広がるんです♪

 

私自身、自分の歌声がはじめはあまり好きじゃなくて、出したい声、歌いたい歌と現実のギャップに落ち込むときもありました。

でも、自分と向き合うことと、いろんな曲を知ることで、

今は自分らしく歌が歌うことができて、楽しいです。

 

声を出すことはストレス発散にもなるし、健康にもいいんですよ~♪

 

 ぜひ、あたらしい自分を発見しに来てください♪